トップピックピンクアイパープルハルピース

Top Pick Pink Eye Purple Hull Peas



説明/味


トップピックピンクアイパープルハルエンドウ豆は、45〜60センチメートルのどこにでも達することができる半茂みの植物で育ちます。 15〜20センチの長さの鞘は、緑の葉の茎の最上部にクラスター状に成長し、10〜13個の小さな豆が含まれています。トップピックピンクアイパープルハルエンドウ豆の鞘は、薄緑色から中紫色に成熟します。それらは未熟な段階と成熟した段階の両方で収穫され、乾燥プロセスを開始するために植物に残されるものもあります。ヤングトップピックピンクアイパープルハルエンドウ豆は、さやが緑色で、エンドウ豆が小さく、船体自体よりもほんの少し明るいときに収穫されます。さやが成熟するにつれて、エンドウ豆は大きくなり、クリーミーな白い色に変わります。丸みを帯びた、わずかに腎臓の形をした豆は、ポッドに接続する場所にピンクの「目」があります。エンドウ豆が成熟するにつれて、目は暗くなり、明るいマゼンタ色に変わります。ポッドは淡い紫色のときに砲撃のために選ばれます。トップピックピンクアイパープルハルエンドウ豆は、他のピンクアイ品種よりもやや甘くて土っぽい味が優れていると言われています。

季節/可用性


トップピックピンクアイパープルハルエンドウ豆は、夏の終わりと秋の月にご利用いただけます。

現在の事実


トップピックピンクアイパープルハルエンドウは、ササゲ、クラウダーエンドウ、ササゲとしてよく知られている、さまざまなVigna unguiculata、亜種unguiculataです。本当にエンドウ豆ではなく、マメ科植物は本当に豆です。トップピックピンクアイパープルハルエンドウ豆は黒ずんだエンドウ豆と密接に関連しており、豆が鞘に接続する場所には、紫色の「目」と黒い「目」があります。トップピック品種は、鞘が植物の上部で成長し、収穫を容易にするその成長習慣にちなんで名付けられました。

栄養価


トップピックピンクアイパープルハルエンドウ豆は栄養素とタンパク質が豊富で、繊維、チアミン、ナイアシン、リボフラビンを大量に含んでいます。ピンクの目のエンドウ豆には、体がカルシウムを吸収してコラーゲンを作るのを助ける必須アミノ酸であるリジンとトリプトファンが含まれています。トリプトファンは体内でセロトニンに変換され、大きな七面鳥の夕食を食べるのと同じようなものを生み出します。

アプリケーション


トップピックピンクアイパープルハルエンドウ豆は、熟した段階と乾燥した段階の両方で使用されます。非常に若いトップピックピンクアイパープルハルエンドウ豆は、スナップエンドウやサヤインゲンのように蒸したりソテーしたりして食べられます。熟したエンドウ豆はさやから殻から取り出され、伝統的に少量の水、玉ねぎ、ベーコンまたは塩漬けの豚肉で調理されます。サザンピースは、おかずとして、またはメインディッシュとして、肉の大きな塊を使ったシチューとして調理されます。新鮮なトップピックピンクアイを冷蔵庫で最長2週間保管します。乾燥豆は涼しく乾燥した場所に最長1ヶ月間保管できます。

民族/文化情報


トップピック品種は、生産性が高く、収穫が容易で、おいしいため、農家に人気があります。アーカンソー大学が2007年と2008年に行った調査によると、トップピックピンクアイパープルハルエンドウ豆の品種は、他のトップピック品種に次ぐ市場でのトップ2のお気に入りの1つです。ほとんどの米国南部人はマメ科植物に精通しており、南北戦争前からジョージア州からテキサス州までのキッチンの定番となっています。

地理/歴史


ササゲ、またはササゲは、アフリカで生まれ、動物の飼料と部族の食糧の両方として何千年もの間使用されてきました。豆は奴隷貿易の間にアメリカ大陸に運ばれ、奴隷によって植えられ、最終的にそれらの使用は米国南部に広がりました。サザンエンドウには、フィールドエンドウ、クラウダーエンドウ、クリームエンドウ、ブラックアイドピーの4種類があり、ピンクアイドエンドウも含まれます。豆が新世界にやってきたので、何十もの名前の付いた栽培品種が開発されました。 Vigna unguiculataは、中南米、アフリカ、アジアで成長しています。米国南部では、この地域は、適応性が高く、干ばつに強く、耐熱性のある豆にとって理想的です。農民や家庭菜園家は、他の植物(トウモロコシなど)が土壌から奪う可能性のある要素を土壌中の窒素を固定(追加)するのに役立つため、トップピックピンクアイパープルハルエンドウ豆や他のサザンエンドウ豆をカバー作物として植えることがよくあります。トップピックピンクアイパープルハルエンドウ豆は、米国南部の市場や家庭菜園で見つけることができます。



人気の投稿